ス ポンサードリンク

人間関係をストレスなく過ごすために

春といえば出会いの季節。


職場でも住まいの回りでも、
何かと新しい人間関係が生まれがちですよね。




大人なので、どんな人ともそれなりにつきあうのですが

知らず知らずにストレスがたまっていることも。



そんなストレスの大元は、見栄とか体裁とか、どう思われてるか、とか・・・

結局、必要以上に緊張していることかな、と思い当たりました。



そんなとき、すこーしづつ心をやわらげてくれるのが

ひろさちやさんの考え方。



「どんな生き方をしてもいい、立派に生きる必要なし」・・・

そうですよね、別に立派でなくてもいいんですよね。



一種の開き直りのようですが、ストレスは万病の元、

ムリせず、自分らしく生きることができれば

それに越したことはありませんよね。



仏教とか禅宗とかいうと、ちょっと構えてしまいますが、

ひろさちやさんの本は、「エッセイの一種」くらいの軽い気持ちで読めるのでお勧めです。



本文では、次の5つを柱に「世間の物差し」にとらわれず自由に生きることが

いかに大切かについて語られています。



・莫妄想(余計なことを考えるな!)

・一得一失(なんだっていい)

・自灯明(他人のことはほっとけ!)

・放下著(常識を捨てろ!)

・竿頭進歩(がんばるな!)




『もっと自由に生きるための「禅」入門』 (知的生きかた文庫)



スポンサードリンク

結婚できない人の習慣って?



先週ご紹介した婚活の本、想像以上に大反響でした。


いくつになっても、いい人がいれば結婚するのもいいですよね。





私の同級生でも、この春、

8歳年下の男性と結婚した人がいますよ!





そこで今日は、辛口エッセイで定評のある

角川いつかさんの婚活指南本をご紹介。





「結婚できる人」と「結婚できない人」の差はどこにあるのか、

結婚できない人が持つ「習慣」はどんなものかが、

女性ならではの鋭い視線でバサバサと一刀両断されています。




自分の婚差値を測定するテストもあって、


おひとりさまともだちと思わず盛り上がってしまいました!





婚活に興味のある方は参考にしてみてくださいね。




『結婚できない10の習慣 「婚差値40」の女
(リュウ・ブックス アステ新書)』




スポンサードリンク

ストレスになる人間関係を断ち切るには?(4)


シリーズ第四弾。

いかがでしょうか?


●営業型





知り合ったばかりなのにとても親切にしてきたり、




高価なプレゼントをくれたりするひと、たまーにいますよね。









それで親しくなると保険やマルチ、宗教などにしつこく誘ってきたり。









営業目的とわかれば、断るのも良心が痛まず楽ですね。









たまたまさびしい時期だったとしても、弱みを見せるとつけこまれるので、




悩み事やグチ、悪口など個人的な情報は与えないこと。









誘われても「時間がない」「仕事がある」「先約がある」と




間髪いれずに断りましょう。










自分の時間は貴重なリフレッシュタイム。




ほんとうに大切な人とすごすなど



有意義な過ごし方を選んでいきたいですね。









参考サイト




http://allabout.co.jp/contents/life_closeup_c/stressmanage/CU20071212A/index4/







スポンサードリンク

ストレスになる人間関係を断ち切るには?(2)

昨日に引き続き、ストレスになるおつきあいの断り方です。


●支配型





会うたびに説教をする、何を言ってもダメ出しをする、




人が傷つく物言いをする言葉の暴力タイプ。









こういうタイプの人と長く一緒にいると、




次第に自信を失ってしまい、



想像以上に心にダメージを受けるそうです。










ちょっと勇気が要りますが、



意に沿わない誘いを受けたときは




「私はそれはしたくない」とはっきり断ることが大切。









失礼な言動をされたときは「その言葉に傷ついた」と




ストレートに伝えるなど、早めに距離をおきましょう。








スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。