ス ポンサードリンク

イライラ・落ち込みが激しいときは



「ガンコな便秘や突然起こる下痢、いつもいつもの腹痛、苦しいお腹のはり...


体質だからとあきらめていませんか?




抑えられないイライラやくよくよしてうつな気分も、治ります!」


という、頼もしい本を2冊見つけました。





対馬ルリ子という産婦人科医の先生が監修し、


11人の女性医療に詳しいお医者様と


運動・栄養・アロマセラピー・漢方の専門家が参加した本で、


つらい症状の即効解消法、病院での治療法、市販薬の選び方、


不調体質から脱するための日常生活のヒントなどが紹介されています。





イザというときのため、毎日をもっと快適に過ごすため、


手元においておきたい2冊です。







『イライラ・落ち込みが激しいときの本』 (みんなの女性外来)





『腹痛・便秘がつらいときの本』 (みんなの女性外来)




スポンサードリンク

">『女40歳からの「不調」を感じたら読む本』


最近、同世代の友人と会っていても、


子宮筋腫や生理不順など婦人科系の話題が多くなりました。





独身だからこそ大切にしたい健康な体。




50代から「急に老け込んだ」といわれないためにも、


知識とよい生活習慣を身につけておきたいですね。





この本では、漢方の知恵を活かして大切な時期を上手に乗り切るコツが紹介されています。




『女40歳からの「不調」を感じたら読む本』 (静山社文庫)
スポンサードリンク

更年期障害を防ぎたい!(4)

自律神経の安定を保つための

簡単な方法、第四弾です。


●テレビ、パソコン



寝る前の1時間は、テレビやパソコンなどを消して、



光線など目から入る刺激と



ショッキングな事件など頭に残る刺激を避けましょう。







お風呂、ストレッチなどでリラックスしたまま



眠りにつくことで睡眠の質が高まり、



体も心もしっかり休養を取ることができます。







身も心も安定したよい状態をキープして、



毎日元気にほがらかに過ごしたいですね。



スポンサードリンク

更年期障害を予防したい!(3)

自律神経の安定に欠かせないのが適度な運動。

ジムに通う!なんて決めてしまうとなかなか続かず、

かえってストレスになってしまいます。

毎日数分でできる運動を選ぶのがコツですね。


●運動



ヨガやストレッチ、柔軟など、軽い運動をしましょう。







気分転換になるだけでなく、体のゆがみが改善されることで



肩こり、偏頭痛、冷え症の改善も期待できます。







また、柔軟運動でも筋肉がつくので、



新陳代謝も上がります。







お風呂上りの5分間など、



無理のない範囲で試してみてくださいね。
スポンサードリンク

更年期障害を予防したい!(2)

自律神経を安定させる方法、その2です。

これも簡単なので取り入れやすいですね。


●呼吸法



家でもオフィスでも「疲れたな」「イライラするな」と思ったら、



腹式呼吸をしてみましょう。







まず、口からゆっくり息を吐きます。



このとき、意識しておなかを引っ込めること。







そして、息を吸うときは鼻からゆっくり、



お腹を膨らませるようにします。







ベランダや窓際など、



新鮮な空気にふれられる場所だと、なおいいですね。
スポンサードリンク

更年期障害を予防したい!(1)

自律神経が安定していると、



更年期障害の症状を抑えたり、軽くすることにもつながるそうです。





日頃から自律神経を安定するためにできることをさがしてみました。





●お風呂でリラックスする



入浴は心身ともにリラックスさせてくれる効果大。



めんどうでもシャワーだけで済まさず、



バスタブにお湯をはって浸かる習慣を付けたいですね。





仕事や人間関係のストレスを解消するためにも、



40度程度のぬるめのお風呂にゆっくりつかって



一日の疲れをとりましょう。







気分をリフレッシュしてくれる



ユーカリやミントのアロマオイル、



お気に入りのバスソルトなどを使うと、



さらにリラックスできそうですね。



スポンサードリンク

毎日食べてた?怖い添加物

アンチエイジングの本を読んでいると、

よく「添加物を取りすぎないこと」と書かれていますよね。



「分かってるけど、

なんにでも入ってるから避けられないでしょ」と、

あきらめたりして。



でも、体調維持が気になる今日この頃、

少しでも摂取量を減らしていくことにしました。



そこで、なるべく見分けやすく避けやすい

添加物を調べたところ・・・

ありました!



しかも、毎日毎日2〜3回、

もう何年も摂取し続けてたものが・・・



もうお気づきかもしれませんが、

マーガリンとコーヒーフレッシュ(液状ミルク)です!



テレビや雑誌で「よくない、よくない」と聞いてはいたけど、

深く調べたこともなく摂り続けてたんですよね・・・。



これらには、トランス脂肪酸という成分が含まれていて、

不妊やアレルギー、アトピー、免疫機能、認知症をはじめ、

悪玉コレステロールの増加、動脈硬化、心臓疾患、

ガンなどへの悪影響が報告されているのだそうです。



アメリカやヨーロッパでは

「狂った油」「食べるプラスチック」とも呼ばれ

その使用を規制する法律もあるとか・・・。



フライドポテトやスナック、インスタント調味料などにも

含まれていることが多いそうです。



すべての添加物を避けることはできないけれど、

分かりやすいところから、

少しでも避けていきたいですね。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。