ス ポンサードリンク

ひとりを楽しむ暮らし

昨日に引き続きひとり時間を楽しむ本の紹介です。

『ひとりを楽しむ暮らし』



身の丈に合った方法で、“素敵な女”になる方法を紹介した一冊です。



若さにばかりしがみつかず、心を磨く。

「ていねい」に暮らせば、素敵な女になれる。



和文化の賢人、森荷葉さんが教えてくれる幸せに生きるためのヒントがいっぱい。



小難しい方法論などは一切なく、

いくつからでも始められることだけが盛り込まれています。

素敵で幸せな大人の女になるための知恵本です。





『ひとりを楽しむ暮らし (中経の文庫)』


スポンサードリンク

ひとり時間の使い方



早いもので今年ももうゴールデンウィーク目前ですね。



独身の友達が多かった20代30代は旅行に行くのが楽しみでしたが、

最近はなかなか時間のあう友達が見つかりません。



ひとり旅もいいけれど、まとまった時間のある時こそ、

自分らしい趣味や勉強に明け暮れてみるのも楽しいもの。



そこで今日は、ひとりの時間、

孤独を感じた時間の使い方を探してみました。



みな、おひとりさま女性です。

有名でキャリアのある女性でも、やっぱりさびしい時、

孤独を感じるときがあるんですね。





●久田 恵さん 作家

本を読む。

本を読んでいると誰かと深くかかわっているような、

語り合っているような時間を得られます。



●長谷川理恵さん モデル・タレント

走る、本を読む。自分の時間に没頭する。

汗をかくと、「なんでそんなことに悩んでいたんだろう?」と思います。



●遙 洋子さん タレント・作家

辛抱する。

世間は孤独で無い演出法に満ちているが、

老いも若きも誰もが孤独なのだと思い知ることで辛抱できる。



●日置 千弓さん ファッション評論家

NHK教育テレビを見る。

歴史、語学などの番組ならボーっと見てても勉強になるから。

伝統芸能やバレエがやっていると「ラッキー」と孤独を忘れます。



●林 佳恵さん 装丁家

CD、ビデオを一日中流す。

泣きたいときは泣く。

涙を流すだけ流したら、拍子抜けするぐらいすっきりします。



●葉石かおりさん エッセイスト、利酒師、焼酎アドバイザー

自分を追い詰め、わざと悲しいことを思い出して泣き、泣き疲れて寝る。

泣くことはデトックス効果があります。



●岸田 夏子さん 画家、岸田劉生の孫

音楽を聴きながら絵を描きます。

絵を描いていると、自分の作り出す世界に夢中になり、

時の経つのも忘れ、自由な満ち足りた時間が過ごせます。



●湯川れい子 作詞家、翻訳家

ライブ・ハウスやピアノバーへ行く。

いつでもいけるライブハウスやピアノバーに顔見知りを作っています。





(参考資料:『おひとりさまマガジン 2008年 12月号 [雑誌]





孤独を癒し、ひとりの時間を充実させてくれるのは

やはり趣味のようですね。



長く続けている趣味でなくても、

興味を持てることがあればやってみる、というのが

ひとり時間を楽しく過ごすコツかもしれません。



私の最近のマイブームはオンライン英会話。



スカイプを使ってのレッスンなので出かける必要もなく

気に入っています。



さて、あなたはどんなひとり時間の過ごし方を楽しんでますか?

スポンサードリンク

40代独身女性で幸せって方いますか?

突然ですが、



あなたは今、幸せですか?







「40代以上で独身女性」というと、



寂しそうとか、かわいそうと思われることも



なきにしもあらず・・・。







「そんなことないから!」と言っても、



自分ひとりではなんとなく心もとなくて。







そこで、世の「40代独身女性」は



どう思っているのか調べてみたところ



興味深いサイト(スレッド)を見つけました。







最初に「40代独身女性で幸せって方いますか?」



という質問を投げかけた女性は



外資系企業の正社員という恵まれた身の上ながら



外見の衰えや人間関係のストレスなどで



あまり幸せでない様子。







一方、この質問への答えを書き込んでいるのは、



離婚の末に手に入れた自由を謳歌されている方や



長年にわたる不妊治療の末に事実婚を解消した方、



50代の男性と結婚が決まった方など



ほんとうにさまざま。







なかには「リストラされて今はアルバイト、



両親は要介護、太り気味できれいでもないけど



毎日楽しいし、未来はもっといいことがあると思う」と語る女性も。







36人分すべて読んでみたところ、



そのほとんどが「しあわせ!」というものでした。







趣味に仕事に恋愛に、



それぞれの人生を謳歌している様子は



読むだけで希望と元気がもらえます。







「なんとなく、さびしい」とか



「こんなのって私だけ?」と心細くなったときなど、



のぞいてみてはいかがでしょうか?







『40代独身女性で幸せって方いますか?』



http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0329/232320.htm?o=1&from=nwld
スポンサードリンク

シンプル生活のすすめ『暮らしが変わる40の習慣』

「習慣」を見直すことで、シンプルで穏やかな



自分らしいライフスタイルを実現する方法が



40個にわたって紹介されています。







読んでいるだけでも興味深く、



静かでやさしい気持ちになれる一冊です。





『暮らしが変わる40の習慣』


スポンサードリンク

今年こそ目標を達成したい! その3


● コツその3「理想の生活をたびたびイメージする」

勢いや流行で目標を立てる前に、

自分が心から望んでいる理想の生活を確認してみましょう。



貯金もダイエットも資格も、

実現した後のイメージが具体的であれば

挫折しにくいもの。



目標達成のための行動を「辛いな〜」とか

「めんどくさいな」と思ったときも、

目標を実現した喜びや理想の状態を思い浮かべることで

乗りきれると言うわけ。



ただし、それはほんとうに自分が

望んでいる目標である場合に限ります。



「貯金はできたけど、節約がストレスになって太っちゃった!

洋服を買い直さなきゃ・・・」

なんてことではつまらないですもんね。



まずは、心も体もムリなく、

自分らしくいられるライフスタイルを見つけて

少しづつでも実現していきたいですね。


参考:『暮らしが変わる40の習慣』
スポンサードリンク

今年こそ目標を達成したい! その2


● コツその2「ひとつ始める代わりにひとつやめる」


ささいなことでも、何かを続けるには

時間も手間も集中力も必要なもの。



一日のなかで使える時間は限られているのだから、

これまでやっていた何かをやめたり、

時間を短縮してみましょう。



例えば、「なんとなくテレビを見る」

「ゲーム、ネットサーフィンをする」

「用がなくてもコンビニに寄る」とか。



「なんとなく」続けている習慣のなかには、

目標を実現から遠ざける原因になっていることも多々あります。



時間とお金を使うときには「なんとなく」ではなく、

「ほんとうに必要か?」「今、優先するべきことか?」を

考えてみると、ムリなくスリム化できそうですよ。

参考:『暮らしが変わる40の習慣』
スポンサードリンク

インフルエンザ予防には・・・

とうとう知り合いのひとりが

新型インフルエンザにかかってしまいました。


従来のインフルエンザ同様、

突然に高熱が出る上、おなかも壊すらしく

かなりしんどいそうです。


その知人は、人並み以上にうがいや手洗い、

手の消毒はしていたにも関わらず

かかってしまったので、

「やっぱりマスクもしておけばよかった」

としきりに反省してました。


しかも「そのへんに売ってるマスクだと

ウイルスの侵入を防ぐのは難しいらしいよ」

という話を聞いてびっくり。


ウイルスって、目に見えないだけに怖いですよね。


そこで今回、私が取り寄せたマスクは、

ウイルスを捕まえて活動できなくするというツワモノ。


ちょっと厚手で息苦しいのですが、

「ウイルスを撃退してる!」という感じがして、

人ごみでも安心できます。


よろしければ参考にしてみてくださいね。

http://www.mask-clinic.com/
スポンサードリンク

専門家に相談できるサイト見つけました♪

最近、女性向けのサイトや雑誌、番組が
ほんとうにたくさん出てきましたよね。

今日ははたらく女性をターゲットにした

わたしみがき
というサイトを見つけました。

このサイトでは、仕事・学び、趣味・暮らし、
美容・健康、結婚・恋愛、出産・育児など、

女性なら誰もが関係のあるジャンルごとに
トピックを立てることができます。

すると、読者はもちろん各ジャンルの専門家が
アドバイスやコメントをくれるというシステム。

会員登録制なのであまりオープンにできない悩みも
安心して相談できそう。

自分磨きにはもちろん、困ったときや
悩んだときにも訪れたいサイトです。


スポンサードリンク

【「だれに相談すればいいの?」という時は・・・】

NOVAに入って十数年・・・
相変わらず日常会話レベルに停滞している
酒井志麻ですヾ(~∇~;)


「えっ、NOVAって倒産したよね?」


そう、確かに倒産したんですが、
その後、名古屋の奇特な会社が買い取り、
授業が再開されたんです。


再開された時はホッとしましたが、
これまで払い続けた授業料を思えば、
かなりの額を損してしまったことは事実ですo(;△;)o


そんなNOVAに限らず、
利用していたエステや教室の倒産、


契約時の説明と実際のサービス内容が
明らかに違う通販商品、ワンクリック詐欺など、


「だまされた〜!!!」とか
「どうしたらいいの???」と思ったことはありませんか?


悔しい気持ちはあっても、
電話がつながらなかったり、相談する先はわからないしで
あきらめてしまうことが多いかもしれません。


かくいう私もNOVAだけでなく、
ワンクリック詐欺、架空請求にあったことがあります。


親にも友達にも警察や法律関係者はいないし、
誰に相談していいか悩んだ末に、


仕事で取材したことのあった
「国民生活センター」というところに電話してみました。


「国民生活センター」は独立行政法人で、
「国民生活の安定及び向上のため、


情報提供や調査研究、
法による手続を実施すること。」を目的とした機関。


つまり“消費者の強〜い味方”というわけです。


私が電話したときも、とてもしっかりした女性が
私のつたない説明をきちんと聞いてくださいました。


そして「こちらから連絡などはしないように。
もちろん契約の事実も
支払いの義務もありませんよ」ときっぱり。


わずか1回の電話で心からホッとでき、
とても感謝したのを覚えています。


電話相談はもちろん無料でした。


ホームページにも、


「商品やサービスなど消費生活全般に関する
苦情や問合せなど、消費者からの相談を


専門の相談員が受付け、
公正な立場で処理にあたっています。」


と説明されています。


あなたがもし商品やサービスで被害にあったり、
相談相手に困ったときは、思い出してくださいね。


●国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/

東京03-3446-0999 (相談専用番号)
平日 10時〜12時、13時〜16時

各主要都道府県に消費生活センターの相談窓口電話があります。
くわしくはホームページを見てみてくださいね。
スポンサードリンク

さっそく肌が乾燥してきました

朝晩はすっかり肌寒くなりましたね。

乾燥肌の私は、早速、こなっぽくなってきました。

朝も夜もぬるま湯で洗うようになってから
かなりましにはなったのですが、
ここ2〜3日、唇や鼻の頭がかさかさに・・・もうやだ〜(悲しい顔)

なにかいい方法はないかと楽天を見ていたところ、
「乾燥肌の人がつくった化粧品屋さん」という
サイトを見つけましたーひらめき

面白い名前ですよね。

「あなたから美顔・お肌のハリ・
弾力を奪うのは乾燥肌だった!」というコピーに

「そ、そうだよね〜」と思わずナットク!

敏感肌・乾燥肌お試しのキャンペーンが
525円でやっていたので早速申込。

角質を取るピーリングゲルと、
洗顔をかねたクレンジングゲル、
保湿のアクアテクトゲルの3本セットで525円。

10グラムづつとはいえ、
安いですよね。

「鉱物油・石油系界面活性剤・アルコール(エタノール)・
香料・着色料は配合していない無添加化粧品」というのも
安心感がありますね。


到着が楽しみ揺れるハート

効果があったら、
また書きますねーハートたち(複数ハート)




スポンサードリンク

ウツウツ解消できてますか?(2)

●整理整頓で気持ちすっきり

部屋の中が散らかっていると、それだけでゲンナリしてしまうもの。

こんなときは思い切って持ち物を処分してみませんか?


特に、「なんとなく着ないけど、捨てるには惜しい」服や靴。

燃えるゴミに出すのは後ろめたいような、もったいないような・・・


でも、そんなアイテムでクローゼットが狭くなると

これもウンザリの原因になってしまいますよね。


そういうかわいそうなアイテムたち、

私は救世軍のバザーに寄付することにしています。


送料はかかるけど、まだまだキレイな服を燃えるゴミに出すよりは

「誰かが着てくれるかも」と思ったほうが心が痛まないんですよ。


寄贈のお問い合わせはお電話でどうぞ。

「救世軍バザー場」

受付時間: 月・火・木・金曜日 9時-16時

東京都杉並区和田2-21-2 電話:03-3384-3769(寄贈品受付専用)



スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。