ス ポンサードリンク

夜型さんダイエット


私は残業になることが多いので、ついつい夕飯が遅くなりがち。








「食べてすぐ寝ると太るから」と、





さらに夜更かし・・・そんな悪循環に





はまってしまうことも多いですよね。







そこで今週は、夕飯が遅くなっても太りにくい、





メニューの選び方、食べ方をご紹介します♪








【夜型さんダイエット】





●方法



食べるもの選び、食べる順番を見直すことで



代謝のいい健康な体を作り、ストレスなくやせる。





【メニューの選び方】




1.単品より生野菜、汁物のついた定食を



⇒ 栄養のバランスがくずれると太りやすくなるため、



多品目が食べられる定食を







2.パンやパスタよりお米を



⇒ 日本人に取って消化吸収しやすいから







3.原型に近いものを




⇒ ハンバーグよりステーキ、スナックならポップコーン、



野菜ジュースよりサラダを







4.果物、生野菜、レバ刺し・ユッケなど生ものや



キムチや漬物、納豆など、発酵食品を




⇒ 生もの・発酵食品には食物酵素があり、




消化酵素、代謝酵素など、ヤセ体質になるための栄養素を、




補ってくれるから







5.納豆、豆腐など豆製品を




⇒ ダイエットをすると肌が乾燥したり、シワになりがちなので、




豆製品のイソフラボンで女性ホルモンに似た働きをプラスする






6.肉はなるべく赤いものを




⇒ 赤身の肉には、L-カルニチンという




脂肪の代謝をあげる成分が含まれているから







7.魚はなるべく旬のものを



⇒ その季節に必要な栄養を補ってくれるから







8.チョコレートよりホットココアを




⇒ 体を温まる上、水分もとれて1杯で満足感が大きいから







9.アイスクリームなら高級なものをひとつ




⇒ 高級なアイスはカロリーも高い分、満足度も大きいから







10.おつまみにはドライフルーツやナッツを




⇒ 栄養もあり、カラをむく必要のあるものは食べ過ぎ防止にも効果あり










【食べる順番】





1.まずは生野菜・漬物




⇒ 生野菜の食物繊維が糖や脂肪の吸収を押さえてくれる




漬物の酵素が、アミノ酸、ビタミン、ミネラルの消化を助けてくれる







2.次に汁物 




⇒ 温かい汁物が、体を温めて代謝を上げ、消化を助けてくれる







3.そして肉や魚 




⇒ 代謝のいい体を作るため、一日二回はタンパク質を取りましょう







4.最後にごはんなど主食









●やせる仕組み



食材と食べる順番を正しくすることによって、



代謝がよく、痩せやすい体を作る。





デザートやおつまみなども取り入れ



ストレスを溜めないことで、よりキレイを実現する。







●ポイント



バランスの外食でも実現可能なメニュー選びなので




忙しい人でもムリなく取り入れられる。









「また遅い時間に食べちゃった・・・」という




罪悪感から解放されるので、




ストレスがたまらない。








●口コミ



ちょっとの心がけなので実践しやすい



ファミレス、コンビニが多くても可能なダイエット!



食べること=悪いこと、という思い込みを消してくれる







●ダイエット以外の効能



代謝のよい体を作る。




思い込み、ストレスから解放される。







●おススメ度



ちょっとの心がけなので実践しやすい



ファミレス、コンビニが多くても可能なダイエット!



食べること=悪いこと、という思い込みを消してくれる







●詳しくはこちら



『23時から食べても太らない方法』





●提唱者



伊達友美(いとうともみ)



ダイエットカウンセラー、日本栄養士会、東京都栄養士会、




日本産業衛生医学会、日本ニュートリショニスト協会会員。



http://omakase-diet.com/

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。