ス ポンサードリンク

鈴木義司からのメッセージ





人づき合いはうまい方がいいかもしれない。





しかし、無理することはない。





自分が好きな服を着るように、自分に対して正直であればいい。





              鈴木義司(漫画家 読売新聞「サンワリ君」)

スポンサードリンク

エマーソンからのメッセージ





その日その日が一年中の最善の日である。



ラルフ・ワルド・エマーソン(アメリカの哲学者)


スポンサードリンク

「女ひとりお金に困らない生き方—ひとりだからこそ、お金を味方にする!」




おひとりさまの三種の神器といえば、



健康、友達、そしてお金。



そんなおひとりさまのためのお金の本を見つけました。







住宅、保険、年金など、気にはなるものの



なかなかきちんと確認できない事柄が、



ケーススタディとして幅広く説明されています。







口コミでも「これが知りたかった!」



「人に聞きづらいことが説明されてる」



「自分にひつようなところがすぐに読める」



「明日からでも実践できそう」などなど大絶賛されています。







備えあれば憂いなし、ということでおすすめなのですが、



実はすでに絶版になっていて・・・すみません。







地域の図書館にはあると思いますし、



アマゾンから古本を入手することができますので、



よろしければチェックしてみてくださいね。





「女ひとりお金に困らない生き方—ひとりだからこそ、お金を味方にする!」


スポンサードリンク

【おひとりさまの老後 南さんの場合】


このブログをはじめてから、



いろんなおひとりさまのお話をうかがう機会が増えました。







同年代の方が多いですが、



時には60代、70代の方のお話をうかがうこともあります。







時代はちがっても、悩みや望みは



意外なほど共通していて驚くことがあります。



今日はそんななかのおひとりのお話を紹介します。







71歳の南さんは、進学を機に上京された女性です。



卒業後、都内の企業でキーパンチャーとして働いていたものの、



人間関係から30代でうつになり退職。







寮を引き払って地方の実家に帰ったものの、



家はすでに弟夫婦の代になっていたため居場所がなく、



半年ほど休んだ後、再び上京されたそうです。







その後は、在学中に取得していた栄養士の資格を生かして、



会社や学校の寮など住み込みでできる仕事を転々とし、



生活費を切り詰めた貯蓄でマンションを購入。







その後も自分は住み込みで働きながら



家賃収入でローンを返済されたとのこと。








引退した今では、家賃収入で支払いを終えたマンションに住みながら




年金生活を送られています。









国内旅行と音楽が好きで、ひとりでもライブに行かれるそう。







旅先でもライブハウスでも、すぐに友達ができて



忙しいくらいの毎日だと話してくれました。









「おひとりさまの老後」、ということばから受ける




さびしいイメージはまるでなく、自由な生活を楽しんでいる様子は




こちらまで楽しくなるくらいで、とても勇気付けられました。







堅実な人生設計と健康、そして趣味。



理想的なおひとりさまの老後ですよね。







スポンサードリンク

『だから、「断ること」を覚えなさい!』

最近の記事を読んでいただいた方から




「そんなカンタンに断ち切れたら苦労しないって」と




メールをいただきました。









確かに、職場でも親戚でも幼馴染でも、




人間関係って手ごわいですよね。









角を立てずに年賀状程度のおつきあいで済ませたい。




職場で波風を立てずに、プライベートな時間を守りたい。









そんな技を身につける指南書を探しましたよ。



『だから、「断ること」を覚えなさい!』を




よろしければご参照ください。









『だから、「断ること」を覚えなさい!』 (PHP文庫)




スポンサードリンク

ストレスになる人間関係を断ち切るには?(4)


シリーズ第四弾。

いかがでしょうか?


●営業型





知り合ったばかりなのにとても親切にしてきたり、




高価なプレゼントをくれたりするひと、たまーにいますよね。









それで親しくなると保険やマルチ、宗教などにしつこく誘ってきたり。









営業目的とわかれば、断るのも良心が痛まず楽ですね。









たまたまさびしい時期だったとしても、弱みを見せるとつけこまれるので、




悩み事やグチ、悪口など個人的な情報は与えないこと。









誘われても「時間がない」「仕事がある」「先約がある」と




間髪いれずに断りましょう。










自分の時間は貴重なリフレッシュタイム。




ほんとうに大切な人とすごすなど



有意義な過ごし方を選んでいきたいですね。









参考サイト




http://allabout.co.jp/contents/life_closeup_c/stressmanage/CU20071212A/index4/







スポンサードリンク

ストレスになる人間関係を断ち切るには?(3)


またまた引き続き第三弾。

参考になりますでしょうか???



●依存型



グチやうわさ話などささいなネタでしょっちゅう連絡してくる。




レスが遅れるとすねたり、逆恨みしたりする。









ひとりで行動できず、自分の用事についてきてと言ったり、




ファッションや習い事などをまねしたりする甘えん坊タイプ。









幼馴染など、現在の境遇が違う場合に困るタイプでしょうか。









特に裕福な主婦で時間に余裕があったり、特別な趣味がなかったりすると




電話やメールがまめになりがちですよね。










こういう甘えんぼタイプには、自分から連絡しないのはもちろん、




連絡があっても「今、手が離せない」



「出かけるところだから」と切るしかない。









メールをもらっても、「仕事中は返せない」とか




「帰宅が遅くなるから返信は期待しないで」、



「メールって苦手なの」などなど断ってしまったほうが楽ですね。






スポンサードリンク

ストレスになる人間関係を断ち切るには?(2)

昨日に引き続き、ストレスになるおつきあいの断り方です。


●支配型





会うたびに説教をする、何を言ってもダメ出しをする、




人が傷つく物言いをする言葉の暴力タイプ。









こういうタイプの人と長く一緒にいると、




次第に自信を失ってしまい、



想像以上に心にダメージを受けるそうです。










ちょっと勇気が要りますが、



意に沿わない誘いを受けたときは




「私はそれはしたくない」とはっきり断ることが大切。









失礼な言動をされたときは「その言葉に傷ついた」と




ストレートに伝えるなど、早めに距離をおきましょう。








スポンサードリンク

ストレスになる人間関係を断ち切るには?(1)








家庭の主婦や子育て中のママにくらべて




自由な時間があると思われがちなおひとりさま。









職場でもプライベートでもお誘いを受けることが




多いのではないでしょうか?









自分でも、「特に予定もないし、まあいいか」




「人付き合いも大事だし」とほんとは気乗りしなくてもつきあうこともしばしば。









でも、心のそこから楽しい、有意義だと思えるつきあいって




それほど多くないような・・・。









なかには、帰ってきてから落ち込んだり、




仕事より疲れるようなつきあいもあるのではないでしょうか。









せっかくの休みにストレスをためるなんてもったいないし、




健康にもよくないはず。









そんな人間関係は思い切って断ち切りたいところですよね。









といっても、友人や同僚、親戚など、




角を立てるとあとあと面倒なことになりそうで心配。









うまくフェードアウトする方法をタイプ別に調べてみました。




よろしければ参考にしてみてくださいね。



●操作型





人前で欠点を指摘する、笑いものにする、わざと仲間はずれにするなど




精神的な暴力を与えるタイプ。









クラスにも職場にも一人はいたような気がしますね。









こういうタイプにはっきり嫌いだと伝えると、




悪口を広められたりする恐れも。









なので、極力自分からは連絡しないこと。





誘われたら「法事がある」とか「実家に帰らなきゃいけなくて」、




「体調が悪いから」等々、あくまでも自己都合で断り続けましょう。










スポンサードリンク

Qちゃんからのメッセージ





何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ、



やがて大きな花が咲く。




                      高橋尚子(ランナー)


スポンサードリンク

『脳に悪い7つの習慣』


最近、新しいことを覚えるのが遅くなったり、



人の名前が思い出せなくなったりするのを感じます。








「アラフォーともなれば仕方ないか〜」



と年のせいにしていましたが・・・




実は年のせいだけではないようです!








脳が持っている力、“能力”は、




生活習慣によって、その働きがよくも悪くもなるのだそうです。







たとえば、「興味がない」と物事を避ける、




「いやだ」「疲れた」とグチをいう習慣は



脳の働きを悪くしてしまう。








ここまでは「そうかもね」と思うのですが、




「常に効率を考えている」とか




「言われたことをコツコツ」やることなども



脳の働きを悪くする習慣なのだそうです。








そのほかにも、誰もが無意識にしているような



7つの習慣をやめるだけで、



脳の働きが倍増する・・・








これはもう、習慣を見直すしかないでしょう!



『脳に悪い7つの習慣』 (幻冬舎新書)




スポンサードリンク

おひとりさま歓迎のツアーも


最近は土日と祝日をくっつけた



連休が多いですよね。







せっかくの連休ともなれば、



たまには遠出がしたいもの。







とはいえ急な思いつきに友人を誘うのは



ちょっと気が引けますよね。








そこで、おひとりさまOKの旅を探してみました。







すると、国内はもちろん、海外のツアーも



想像以上に充実してるんですね!







昔は女性ひとりで旅館を予約すると、



「自殺目的かと断られる」なんて聞いたものですが、



そんなの今では笑い話。








最近では、女性限定特典付きのプランもあるなど、



女性客は大歓迎されているようです。








ひとり静かに休日を過ごして気分転換したい、



そんな時に挑戦してみたいプランがいっぱいです。








誰かと休みを合わせる必要がないから、



シーズンオフに行けるので格安プランも利用できますよね。









なかには、おひとり様参加限定で、



参加者同士の交流を楽しむツアーや、



40歳以上、50歳以上限定のツアーも。








旅行業界のおひとりさま市場は



想像以上に広がっている様子。








プランを見ているだけでも、



ちょっとした気分転換になりますよ。









●JTB国内旅行



【“ひとり旅”満喫プラン】



温泉から地方都市観光、雪見の宿まで。



http://dom.jtb.co.jp/yado/List.aspx?ty=hitori_p







●エースJTB



【ひとり旅におすすめのプラン】



地方都市格安パックから屋久島、奄美大島など大自然満喫プランまで。



http://www.jtb.co.jp/ace/SYT/type/hitori.asp







●JTB首都圏WEB



【スタッフが選ぶ 一人旅のすすめ】



沖縄、鹿児島、東北などの自然満喫から、



パリ、ドイツ、北欧、オーロラ鑑賞まで。



http://www.jtb.co.jp/e/staff_select/hitoritabi.asp








●阪急交通社



【おひとり参加の旅】



白川郷観光や50歳以上限定プラン、60歳以上限定プランなど。



http://www.hankyu-travel.com/kokunai/hitori/








●クラブツーリズム



【おひとり参加の交流と仲間づくりの旅】



ローカル線の旅や桜めぐり、九州七県制覇など「全員おひとり参加」プラン。



http://www.club-t.com/theme/friend/ohitori/lala/index.htm








●日本旅行 旅プラザ



【1人で泊まれる温泉宿】



ひとりで泊まれる温泉宿を地域別に紹介。



http://www3.yadoplaza.com/mssp/single/








●ホワイト・ベアーファミリー



【海外ひとり旅応援ツアー】



シンガポールやマカオ、香港、バリ島などちょっとリッチな休日に。



http://www.wbf.co.jp/kaigai/theme/single/index.html







スポンサードリンク

ゲーテからのメッセージ


あなたにできること、



あるいはできると夢見ていることがあれば、



今すぐ始めなさい。



向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。



さあ、今すぐ始めなさい。


                
                                                             ゲーテ


スポンサードリンク

『おひとりさまの更年期〜あなたを救う心と体の処方箋』



独身女性の生き方と更年期の症状、



乗り越え方をまとめた文庫本を読みました。







仮名ではありますが、



実在女性の年齢とライフスタイル、



更年期障害の症状と改善までの流れが



体験談として具体的に紹介されています。







医学的な話だけではなく、



それぞれの女性の気持ちやライフスタイルの変化、



改善方法の選び方などを読むことができるので



人生の先輩の声としても共感できる1冊です。





『おひとりさまの更年期—あなたを救う心と体の処方箋』


スポンサードリンク

更年期障害を防ぎたい!(4)

自律神経の安定を保つための

簡単な方法、第四弾です。


●テレビ、パソコン



寝る前の1時間は、テレビやパソコンなどを消して、



光線など目から入る刺激と



ショッキングな事件など頭に残る刺激を避けましょう。







お風呂、ストレッチなどでリラックスしたまま



眠りにつくことで睡眠の質が高まり、



体も心もしっかり休養を取ることができます。







身も心も安定したよい状態をキープして、



毎日元気にほがらかに過ごしたいですね。



スポンサードリンク

更年期障害を予防したい!(3)

自律神経の安定に欠かせないのが適度な運動。

ジムに通う!なんて決めてしまうとなかなか続かず、

かえってストレスになってしまいます。

毎日数分でできる運動を選ぶのがコツですね。


●運動



ヨガやストレッチ、柔軟など、軽い運動をしましょう。







気分転換になるだけでなく、体のゆがみが改善されることで



肩こり、偏頭痛、冷え症の改善も期待できます。







また、柔軟運動でも筋肉がつくので、



新陳代謝も上がります。







お風呂上りの5分間など、



無理のない範囲で試してみてくださいね。
スポンサードリンク

更年期障害を予防したい!(2)

自律神経を安定させる方法、その2です。

これも簡単なので取り入れやすいですね。


●呼吸法



家でもオフィスでも「疲れたな」「イライラするな」と思ったら、



腹式呼吸をしてみましょう。







まず、口からゆっくり息を吐きます。



このとき、意識しておなかを引っ込めること。







そして、息を吸うときは鼻からゆっくり、



お腹を膨らませるようにします。







ベランダや窓際など、



新鮮な空気にふれられる場所だと、なおいいですね。
スポンサードリンク

更年期障害を予防したい!(1)

自律神経が安定していると、



更年期障害の症状を抑えたり、軽くすることにもつながるそうです。





日頃から自律神経を安定するためにできることをさがしてみました。





●お風呂でリラックスする



入浴は心身ともにリラックスさせてくれる効果大。



めんどうでもシャワーだけで済まさず、



バスタブにお湯をはって浸かる習慣を付けたいですね。





仕事や人間関係のストレスを解消するためにも、



40度程度のぬるめのお風呂にゆっくりつかって



一日の疲れをとりましょう。







気分をリフレッシュしてくれる



ユーカリやミントのアロマオイル、



お気に入りのバスソルトなどを使うと、



さらにリラックスできそうですね。



スポンサードリンク

本田健からのメッセージ

自分の好きなことを日常的に少しずつやることだ。



思わぬところから、



自分の人生のヒントを見つけるだろう。









          by 本田健(『ユダヤ人大富豪の教え』著者)
スポンサードリンク

遺言書の書き方って

「縁起でもない」としかられそうですが、



最近では、遺言書を作っておくという方も増えているそうです。







特に、マンションや株、趣味のコレクションなど、



財産のあるときは、自分亡き後の譲り先について



書いておくといいかもしれませんね。





『コクヨS&T 遺言書キット(遺言書虎の巻ブック付き)』 LES-W101



スポンサードリンク

『おひとりさまの安心手帳』

安心と備えのために

SSSネットワークから発売されている



「いざときノート おひとりさまの安心手帳」を紹介します。







このノートは、事故にあったときや病気になったとき



意識がなくなったときなど、



まさに「いざというとき」に必要なことを書き込んでおくもの。







緊急時に連絡してほしい人のリストや、



かかりつけの病院、保険の満期日、尊厳死の意思などを



まとめておくことで、突然の事態に備えることができます。





『いざときノート おひとりさまの安心手帳』







スポンサードリンク

【イザというとき、あなたは誰に頼りますか?】

20年来の知人が集まる飲み会に行きました。







20年来ともなれば、



成人してからの半生をつかず離れずつきあってきたということ。







就職、転職、結婚、出産、離婚、独立・・・



いいことも悪いこともあるけれど、



それぞれが充実した人生を送ってきたようです。







もちろん、おひとりさまばかりではなく、



30代にして孫ができるという



シングルマザーもいましたが、



女性共通の話題はやはり「いざという時」のこと。







親兄弟や旦那さん、その家族、同僚、ご近所さんなど



さまざまな人間関係があるけれど、



いざという時、いちばん頼りになるのは女友達なのだとか。







特に入院した時や、身内に不幸があったときなど



大きなこころの支えになるそうです。







といっても、毎日忙しそうなキャリアウーマンや



子育て真っ最中の友達には



なんとなく連絡しづらい気もします。







大人になってからの友達づきあいって、



意外と難しいですよね。







そこで、おひとりさまの集まりを探してみたところ、



SSSネットワークというNPO法人を見つけました。







SSSネットワークは、




「『ひとりの老後』はこわくない」などの著者、松原惇子さんが



「家族に頼らず最後まで「個」として生き抜くために」という



コンセプトのもと、立ち上げられた女性の集まり。







主な活動は、災害時に助け合うためのネットワークづくりや、



安価で美しい女性のための共同墓の提供、



お花見など、仲間づくりの場の提供、



ひとりで生きる知恵を学ぶ「ひとり安心大学」主催などなど。







現在、会員は約700名で、そのうちの5割はおひとりさま、



3割は離婚や死別でおひとりになった方、



あとの2割は既婚者だということ。







なかには、趣味があう友達を見つけて、



一緒に旅行をするようになったり、



旦那様が亡くなって、ひとりになった住まいの



同居人を見つける方もいるとか。







入会金1万円、年会費1万円ということですが、



普段から情報交換したり、



気のあうお友達を見つけることができたら



ちょっとステキですよね。







私もさっそく資料請求してみたので、



詳しくは追ってご報告しますね。





【NPO法人SSSネットワーク】



http://www.sss-network.jp/
スポンサードリンク

日野原重明からのメッセージ

人はえてして自分の不幸には過敏なものです。



誰しも幸福を望みますが、



それを実感することにおいてはきわめて鈍感です。



by 日野原重明

スポンサードリンク

『村上祥子のおひとりさまごはん』

「ひとりの食事は手抜きになりがち」



「素材を使いきれないから、外食のほうが安上がり」



そんな理由から、ついつい食生活が



乱れがちではありませんか?







元気で自立していたいおひとりさまにとって



ヘルシーな食事は欠かせませんよね。







そこで、



おひとりさまごはん術の本を探してみました。







一人分がささっと作れる「早くておいしい簡単レシピ」だけでなく



「1週間分使い切りレシピ」「5分で朝ごはん」



「野菜たっぴり一人鍋」「酒の肴」「スイーツ」まで、



おひとりさまに役立つ情報が盛りだくさん。







著者は、肥満や生活習慣病予防の食にも詳しい



ヘルシー料理の第一人者。







栄養たっぷり、ストレスなしの食事で



毎日元気にがんばりましょう!







『村上祥子のおひとりさまごはん』

スポンサードリンク

40代独身女性で幸せって方いますか?

突然ですが、



あなたは今、幸せですか?







「40代以上で独身女性」というと、



寂しそうとか、かわいそうと思われることも



なきにしもあらず・・・。







「そんなことないから!」と言っても、



自分ひとりではなんとなく心もとなくて。







そこで、世の「40代独身女性」は



どう思っているのか調べてみたところ



興味深いサイト(スレッド)を見つけました。







最初に「40代独身女性で幸せって方いますか?」



という質問を投げかけた女性は



外資系企業の正社員という恵まれた身の上ながら



外見の衰えや人間関係のストレスなどで



あまり幸せでない様子。







一方、この質問への答えを書き込んでいるのは、



離婚の末に手に入れた自由を謳歌されている方や



長年にわたる不妊治療の末に事実婚を解消した方、



50代の男性と結婚が決まった方など



ほんとうにさまざま。







なかには「リストラされて今はアルバイト、



両親は要介護、太り気味できれいでもないけど



毎日楽しいし、未来はもっといいことがあると思う」と語る女性も。







36人分すべて読んでみたところ、



そのほとんどが「しあわせ!」というものでした。







趣味に仕事に恋愛に、



それぞれの人生を謳歌している様子は



読むだけで希望と元気がもらえます。







「なんとなく、さびしい」とか



「こんなのって私だけ?」と心細くなったときなど、



のぞいてみてはいかがでしょうか?







『40代独身女性で幸せって方いますか?』



http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0329/232320.htm?o=1&from=nwld
スポンサードリンク

シンプル生活のすすめ『暮らしが変わる40の習慣』

「習慣」を見直すことで、シンプルで穏やかな



自分らしいライフスタイルを実現する方法が



40個にわたって紹介されています。







読んでいるだけでも興味深く、



静かでやさしい気持ちになれる一冊です。





『暮らしが変わる40の習慣』


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。